東京の賃貸住宅選び

東京は人が多いために働く場所も住む場所もたくさんの選択肢があります。

賃貸物件探しの時は、立地と間取りの希望条件を決めて、予算内の家賃におさまる物件を探しますが、その時、家賃の月額だけでなく初期費用や更新料にも着目しましょう。

賃貸契約の際は敷金礼金という商慣習があり、地域によっても慣習は異なりますが、東京近郊では敷金礼金、それぞれ家賃の2か月分というのが一般的です。

しかし、人口減少社会で借り手優位になったせいか、最近では敷金礼金がそれよりも少ない物件が現れています。

敷金は退室時に返還されるお金ですが、礼金は、契約したら途中で解約しても期間満了までいても返金されることはありません。

払ったら戻ってこないお金は、契約期間の家賃の前払いとも考えられます。

物件を比較する際は、初期費用と、そのうち将来戻ってくるお金、毎月の家賃を含む総支払額で比較をしましょう。

ときには、毎月の家賃が高くても、総支払額では逆転することもあります。